FX業者によってマージンコールは異なります

FX業者は取引によって差し入れた証拠金が一定額以下になるときにマージンコールといって追証を入れるかロスカットを促すようにコールをかけてきます。このマージンコールが行われるタイミングはFX業者によってかなり異なります。私がこれまで取引した業者でもっとも厳しかったのは、証拠金の120パーセントの維持率になるとマージンコールをかけてくるところで、この場合には証拠金維持率が100パーセントになった段階で強制ロスカットとなります。一方ほかのFX業者では80パーセントの証拠金維持率になるとはじめてマージンコールがかかるところもあるのです。しかし、個人的に使用してみての印象でいいますとマージンコールがかかるところまできてしまうのは、かなり証拠金を減らすことになってしまうので、やはり、その前にきっちり損切りを行うことが重要ではないかと思います。

none

ページ一覧

  • TOP
  • FX取引でのマージンコールは作戦を見直す大きなターニングポイント
  • FXにおけるマージンコールとは
  • FXでマージンコールを受けるまでの心理
  • FXで大切な物の1つ、マージンコール